・・・現在の作品制作の基となる心境・・・



善と悪

人間のもつ罪の深さと善への導きと。

神経症の様々な症状との10年以上のつきあいと、
聖書(プロテスタント)の影響なしに、
今現在のわたしの作品はないと思います。
それは重たいものではなく、
その程度のものという、
軽い発想をもつようコントロールしていて、
確かに赤塚不二夫氏の「これでいいのだ」という
自分を好きになって認めていくことから、
作品のイメージをふくらませております。

河野滋子
2009年9月


・・・Recent mental state to be a basis of creation・・・


GOODNESS and EVIL

The depth of human beings' sin and the guidance to the goodness.


My works today could not have existed without
influence from the
Bible
and ten years to live with neurotic symptoms.
It should not be heavy, but should be just as it is.
To control to take it easy, I try to accept and love myself,
as Akatsuka Fujio said 'Kore de iinoda (It's all right)'.
From here I swell my imagination out.

KONO SHIGEKO
September 2009